賃貸物件の引越の手続きとして、ペットの登録関係があります。保健所で登録をします。動物病院も探します。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸物件の引越の手続きではペットの登録関係

猫といえば野良猫がいたりします。野良猫でも子猫などは簡単になついてくることがあります。なつかれると飼いたくなってそのまま飼うかもしれません。ペットを飼うのは自由なのですが、飼うときには一定の決まりがあります。種類によっては、登録をしなければいけないことがあります。爬虫類などだと、それが逃げ出したりすると困ることがあります。登録をしておくことで、管理がされることになります。犬や猫においても、一定の管理が必要です。

それは病気にかかってしまうことがあるからです。病気にかからないように、予防接種を1年に1回など打たないといけません。このようなことは、保健所で登録されることになっています。賃貸に住んでいる人が引越しをする時、現在住んでいる市区町村を管轄する保健所に届け出ていると思います。その登録を解除することになります。そうすることで、その市区町村での管理ではなくなります。継続しして新しいところで飼うのであれば、転居先で再度登録をします。

登録などについては事務的なことですが、現実的なこととしては、動物病院などを探すことです。地域によっては周りにあまり動物病院やペットショップがないところがあります。急に困ったことにならないように、新居近くで探しておきます。

その他の記事

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.