賃貸への引越において、新居のキープ期間があるなら、賃料をダブらせずに済みます。シーズンオフのみです。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸への引越での手続きで新居のキープ期間

携帯電話やインターネットのプロバイダーの乗り換えをすることがあります。このとき、前の契約を終了して、次の契約を始めることになります。多くの場合はある月の末まで前回のものを使い、ある月の初めから次のものを始めるようにします。そうすると使用料がだぶることがありません。無駄な費用を支払わないで済むのです。携帯電話などにおいては乗り換えを促進していますから、無駄な費用を乗り換え先の方で負担してくれることもあります。

賃貸に引越をする時の手続きとして、次の物件を決める期間になります。退去するには1箇月ぐらい前にいいますが、新居について決まったらすぐに入居しなければいけないとき、新居を見つけるのを前提として言わなければいけなくなります。これはプレッシャーですし、あと5日で退居で決まっていないとしたら引越の準備もできないことになります。新居においてある程度キープ期間を置いてくれるのであれば、それを退居を告げる期間に合わせることができます。

シーズンではキープしてくれるのはせいぜい1日や数日ですが、シーズンオフの場合は1箇月くらい開けてくれることがあります。こちらをキープしている間に退居の連絡をすれば、賃料もダブらずに済ませられるかもしれません。

その他の記事

関連情報

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.