賃貸への引越でのダンボールの組み立ててでは、頑丈にしながら、ある程度解体しやすい方法にします。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸への引越でガムテープで頑丈にダンボール箱を組み立てる

アウトドアのテクニック本において、ロープの結び方の欄がありました。普段から紐を結んだりすることはありますが、ただ結べば良いのではなく、強度を確保しながら、使いやすくなくてはいけません。場合によっては、強度は強いけども、ほどきやすいようになっていないといけないこともあります。それにはテクニックがあるとのことです。日頃からしているとわかるのでしょうが、慣れていない人はそういったテクニック集などで学ぶようにします。

賃貸の引越をするときには、どんどんダンボールに詰めるので、段ボール箱を組み立てます。先にダンボールを組み立てたあとに荷物を入れていくこともあるでしょう。このとき、間違った組み立て方をすれば、無駄な作業になってしまいます。最も大事なのは、強度があるように組み立てることです。その次には、ある程度の解体のしやすさです。引っ越しが終わったあとに、箱のまま積み上がると生活ができません。その両方にあった組み立て方を行います。

そこにおいては、まず合わさっているところに一本ガムテープでとめます。横にはみ出るくらいにしておけばある程度補強されます。そして、十字になるように補強のテープをとめます。十字でなく両端にする人がいますが、それは強度を増しません。

その他の記事

関連情報

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.