賃貸に引越をする時の手続きにおいて、荷物をどの部屋に入れるかを作業員に伝えるようにします。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸の引越での手続きでどの荷物をどの部屋に入れるか

冷蔵庫といいますと、小型のものでも非常に重たいです。家電量販店で購入した時でも、作業員が少なくとも2人はいると思います。そして設置して欲しいところを指定して置いてもらいます。もしそこが気に入らないからといって、自分で場所を変えるのは難しいです。重たくて動かせないからです。その他にも、洗濯機なども重たいですし、家具のたんすやベッドなども容易に動かせるものではありません。よく考えて設置してもらうようにします。

賃貸に引越をする時の手続きとしては、荷物の運び入れがあります。どの荷物をどの部屋に入れるかについては、作業員に伝えておく必要があります。また、ただ運び入れるだけで良いものと、位置を確定して入れてもらうものもあります。冷蔵庫やベッドの場合は、位置を確定して置いてもらうでしょう。荷物が入っているダンボールに関しては、後で整理をすることになるので、基本的にはどこにおいてもらっても良いと思います。その確認です。

部屋が複数ある場合、ダンボールに関しても決まったところに置いて欲しいと思うことがあります。その時は、まとめておくか、それがわかるようにダンボールに記号などをつけておくようにします。そうすると後で移動させなくて済みます。

その他の記事

関連情報

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.