賃貸の引き渡しの際の汚れなどはなるべくきれいにすると修理費用が取られません。荷物を運んだ日と違う日がお勧め。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸の引き渡しの際には少しでもよくする

賃貸から引越しする際、賃貸の不動産や大家さんとの立ち会いがあります。そのときに最終の引き渡し日となり、鍵を返す日になるわけですが、汚れや壊したものなどがないか一緒にチェックされて、最終に修理費用として請求されることになります。賃貸に入居した際に敷金というものを支払っている場合は、そこから修理費用や清掃費用などが引かれ、残額が戻ってきます。

清掃費用は一律、きれいにしていてもしていなくても取られてしまうことが多いと思いますが、修理費用に関しては自分で修繕しておくと取られずに済むことがあります。最近、修理グッズが売っているのである程度のものは修理できます。そのままで立ち会いすると結構、割高で取られてしまうので、修理できるものはしておくとよいです。

もし、引越し日と立ち会い日を同じにするとその修理する時間がありません。もし、近隣への引越しなどの場合は荷物を運んだ日のあと、掃除や修理をやってから立ち会い日を設けておくとスムーズにいきます。しかし、遠方への引越しの場合は難しいので、掃除は軽くさっと済ませ、修理することに重点をおくとよいです。あらかじめ、じゅうたんなどははぐってみる。壁にかけたものは下ろしておく。大型の家電や家具を運んでもらった際には引越し業者の方に任せておいて、部屋の残処理を気にかけておくとよいです。

その他の記事

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.