賃貸物件において、引越でガーデニングの植木鉢を持って行ってもらうことがあります。ビニールなどを使います。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸物件からの引越でガーデニングの植木鉢

ガーデニングに関しては、庭がないとできないと思いがちですが、マンションなどでも出来る場合があります。1階に土のある庭が用意されているところがあります。自分の持ち物のようになんでもできるわけではないですが、ガーデニングをするくらいなら許されています。2階より上でも、ベランダがそれなりに広いのであればそこに置くことができます。単に花を咲かせるだけでなく、家庭菜園として野菜やハーブなどを育てている人もいます。

賃貸物件から引越しをする時、ガーデニングの植木鉢であったり、観葉植物などを持って行くことがあります。種類によっても違ってきますが、慎重に行いたいです。水気であったり、土が付いているものです。ひっくり返したりすれば、その辺りが土だらけ、水だらけになってしまうことがあります。ダンボールに入れる場合にも、大きな袋を先に入れておいて、そちらに植木鉢を置いておくようにしましょう。そうすれば、こぼれても他への影響が減ります。

観葉植物の場合は、見た目が大事になります。葉っぱが落ちても困るものです。業者が運ぶときに葉っぱが落ちたとしても、それは保証されないとされています。多少葉っぱが落ちたりするのは覚悟しなければいけないでしょう。

その他の記事

関連情報

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.