賃貸物件において、引越の手続きとして、布団圧縮袋を使います。布団がコンパクトになって運びやすくなります。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸物件で引越の手続きでは布団圧縮袋を使う

昔の布団の中にはせんべい布団と呼ばれるものがありました。綿がすっかり圧縮されてしまったものです。重たいものでした。こうなるとどうしようもありませんが、綿の打ち直しをしてもらうことでふわふわの布団に復活すると言われています。購入するのも良いですが、使えるものを何度も使うことも考えるようにしたいです。布団はふわふわなのが暖かくて寝心地も良いのですが、その分場所をとったりします。収納も大変に思うことがあります。

家族が多い場合、家族一式分のふとんとなると結構なスペースを取ります。賃貸物件に引越をするときも、たくさんの布団がかさばって大変に思うかもしれません。そんな時には、布団を圧縮させて持っていくようにしてみましょう。テレビコマーシャルなどでも紹介されていたことがあります。布団を袋に入れて、穴に掃除機をセットして吸い込んでいきます。するとみるみるうちに圧縮されて、5分の一程度の厚さになるのです。非常に薄くなります。

心配なのは、せんべい状態の布団がどうなるかです。引越し先ですぐに戻せば、問題なくふわふわの状態です。また、天気のいい日に太陽に当てれば、ふわふわになります。素材によってはできないものもあるようです。

その他の記事

関連情報

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.