賃貸の引越の手続きでは、荷物の重さは自分が持てる程度にします。ギリギリでなく、余裕で持てる程度です。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸の引越で一つの荷物の重さは自分が持てる程度

あるビジネス機器が会社にあります。重さが25キロとありました。そこには、必ず2人で持ってくださいとありました。実際持ってみると一人でも何とか持てますが、精密機器ですから安全に置かないといけません。持てれば良いわけではないのです。人それぞれ体格や力が違いますから持てる重さなどは違うと思います。最も重たいものを基準にするのではなく、日常的に持てるもの、またはそれよりも軽めにするように心がけておくのが良いです。

賃貸の引越において、荷造りをすることがあります。このとき、ダンボールに詰められるだけ詰めてしまうことがあります。衣料品はきっちり詰めてもそれほど重くありません。本になると何とか持てるような重さです。本の場合は少し重すぎる状態です。このようにならないようにします。本であれば、7分か8分ぐらい入れるようにして、あとは新聞紙を丸めて隙間を埋めたりします。食器なども入れ過ぎると重くなりすぎるので注意が必要です。

慣れている人であれば、すべて5キロぐらいに統一させることができるかもしれません。5キロぐらいなら、大人の女性であればある程度持つことができます。引越の業者であればそれを2つぐらいまとめて運んでくれます。

その他の記事

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.