賃貸への引越の手続きでダンボールに荷物を詰める時、重いものを下にするとバランスが取りやすくなります。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸への引越の手続きでダンボールには重いものが下

ハイキングや登山をする時、手にはあまり荷物を持たないほうが良いと言われます。バランスを崩したりしたときに両手が使えるようにです。杖などを使うこともできます。そのときに荷物はリュックに入れたり、担いだりすることになります。一般の人であればせいぜい数キロほどですが、本格的な登山になると数十キロの物を担ぐことになるそうです。その時には軽いものを下に、重いものを上にします。そのほうがバランスが取りやすく、疲れにくいからです。

そういったことを知っていると、いろいろなものでもその鉄則が使えるのではないかと思うかもしれません。しかし、それはあくまでも担ぐときに限るでしょう。人が持って歩くときに、上にある方が良いためです。賃貸へ引越をする時の手続きに、ダンボールに物を詰めていくことがあります。同じものを詰めることもあれば、一つのダンボールにいろいろなものを入れることもあります。また、詰めたダンボールをどんどん積んでいくことがあります。

このとき、重いものを下にします。軽いものを上にします。重いものが上にあると非常に危ないです。崩れやすいからです。トラックに入れるときにおいても重いものを下にしないといけません。整理するときに、予め分けておきましょう。

その他の記事

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.