賃貸物件の引越においては、引越し先の住所が確認できるものをもっておきます。周辺地図ももっておきます。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸物件の引越では引越し先住所が確認できるもの

一度行ったところは大抵はわかるものです。その場所の風景などを覚えているからです。しかし、車に乗って行ったりしていると、雰囲気が違うことがあります。歩いていると気がつくものでも、車だとさっと通りすぎてしまうことがあります。見たことのない風景と思ってしまうこともあります。何度も往復するようになって、やっと歩いてでも、車でもわかるようになってくるのです。わかっているつもりになっているのが、一番怖いところです。

賃貸物件の引越の手続きとして、荷物の移動中の話があります。一応引越し先については何度も見学に行ったり、周辺を歩いたりしてわかっているつもりです。しかし、幹線道路からどのように入るなどはわかりません。駅からの道はよく知っていても、その反対方向からとなると全くわからないことがあります。引越し業者の横に座って移動することがありますが、近くに来ているのに、引越しする場所の説明ができなくなることがあります。これは困ります。

書類としては、住所がわかるもの、それに周辺の地図を持っていきます。引越し業者もそこまで見ればわかってくれるでしょう。あと、不動産業者との連絡先もメモしておきましょう。いざとなったら助けてもらえます。

その他の記事

関連情報

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.