賃貸から引越で、家電の一部やパソコンは粗大ごみとしては出せません。メーカーに引き取ってもらいます。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸からの引越で家電を廃棄するときゴミとして出せないもの

家電リサイクル法と呼ばれる法律があります。特定の家電については、メーカーが引き取り、メーカーによってリサイクルをするように決められたものです。リサイクルとは部品などを再度使えるようにするものです。テレビであれば、プラスチックやガラス、金属部品等がたくさん使われています。分解をしてそれぞれの部品ごとに集めて何らかの利用ができるようにするものとされています。テレビのほか、冷蔵庫、エアコン、洗濯機などが対象です。

賃貸から引越をする時、まだ使える家電製品はリサイクルショップなどに買い取りを依頼してみましょう。しかし、古いものなどは引き取ってもらえないことがあります。この時はメーカーに有料で引き取ってもらう必要があります。メーカーに依頼するのが大変な場合は、家電量販店などに連絡をしましょう。買い替えの時などに対応してくれる事がありますが、処分の時も行なってくれるはずです。処分費用などを支払えば、対応してもらえます。

パソコン関係もゴミとして出せないとされています。こちらはリサイクル費用は販売価格に含まれているので必要としません。メーカーに連絡をすると箱や着払いの用紙が送られてくるので、それに入れて送るようにします。

その他の記事

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.