賃貸に引越しをする時、粗大ごみが大量に出ることがありますから、大家さんに相談して置き場を決めてもらいます。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸の引越で粗大ごみが大量に出るとき大家さんに相談

マンションによっては、ゴミ出しにおいて特に制限を設けていないことがあります。24時間、いつでも出しても良いとなっているのです。これはマンションのサービスの一つになるでしょう。ただし、ゴミの回収車に関しては通常通りになりますから、その間は誰かが管理することになります。管理人がいたり、防犯カメラなどで監視をしているケースがあると思います。ゴミを置くスペースも物件のスペースになります。いくらでも置かれては、スペースが無くなります。

賃貸物件から引越しをする時、粗大ごみがたくさん出ることがあります。通常の粗大ごみであればゴミ置き場におけばよいのでしょうが、そのとおりにゴミを置いて行くと置き場に物が置けないくらいになってしまうことがあります。そうすると、他の住人にも迷惑がかかることになります。まずは大家さんに相談するようにしましょう。大家さんが別途場所を用意してくれることもありますし、市区町村と話をして持って行ってもらえるようにしてくれることもあります。

してはいけないのは、置いたままにすることです。いつものとおりだからと、山積みにしたままの人がいるようです。立つ鳥後を濁さずと言いますから、問題が残らないように話をつけるようにしたいです。

その他の記事

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.