賃貸に引越しをするときに行う手続きで、ダンボール運びがありますが、滑りにくい工夫をしておきます。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸に引越しする時の手続きではダンボールが滑りにくい工夫

八百屋さんやスーパーでアルバイトをしたことがある人はわかるかもしれませんが、野菜を入れいているダンボールは横の部分に取っ手がついています。その部分を持って運ぶことができるのです。野菜は通気性も必要なので、そういった意味もあるのかもしれません。ダンボールに常にこの穴がついているわけではありません。ついていないのであれば、ダンボールの底を持ったりすることになります。軍手などをしながら持つと、滑りやすいことがあります。

賃貸に引越しをするときに、手続きでは、ダンボールを運ぶことがあります。業者が運んでくれることになりますが、すべて同じ重さやバランスではありません。持ちにくいものもあると思います。ガムテープの張り方によっては、その部分が滑りやすくなってしまうことがあります。新しいダンボールだけでも滑りやすいのに、ガムテープが更にその滑りやすさを助長してしまうのです。作業員の効率を悪くしてしまうこともあるので注意したいです。

ダンボールについては、底、それも角の部分を持つことが多いです。ここにはガムテープを貼らないようにします。そうすれば滑りにくくなります。落としてしまうトラブルも、ちょっとしたことをするだけで防げるようになります。

その他の記事

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.