賃貸に引越しをする時の手続きでは、ガムテープでは子作りをします。布テープを使うこともあります。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸に引越する時の手続きでガムテープの種類と貼り方

ちょっとした物を貼り付けるのに便利なのがセロハンテープです。軽いものをとめたりするのにはこちらを利用します。透明のタイプが多いので、貼り付けたところに何か文字が書いてあったりしてもわかるようになっています。細いタイプから幅広のタイプがあります。手でも簡単に切れるもので、粘着力には限度があります。あまり重たいものなどを貼り付けたりすると直ぐに取れてしまうことがあります。使い方を間違えないようにしましょう。

賃貸に引越しをするときに、手続きとして段ボールで箱を作ることがあります。簡易的に箱を作るなら、テープ無しに蓋の部分を交差にしたりすることがあります。しかしこれは強度はほとんどありません。引越の時には、必ずテープを利用します。強度の強いものとしては、ガムテープを使うのが良いでしょう。透明ではありませんが、ダンボールを留めるのに使われることがあります。重たいものの場合、より強度のある布テープを使うこともあります。

テープの貼り方としては、蓋が重なったところに貼るのと、それと直角に十字に貼るようにします。これで重いものでも抜けなくなります。布テープは強度はありますが、粘着力が強すぎるため、解体するときに手間になります。重いものに限定しましょう。

その他の記事

関連情報

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.