賃貸物件と敷金の関係で、引越し業者に荷物を出してもらうときには、料金へ大きな影響があるのを知る。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸への引越しと床と壁

引越しの際に賃貸物件の場合には敷金が返ってくるかどうか、それが大きなポイントです。そのため、床や壁などに傷はご法度なのです。だからこそ、専門業者に依頼したときに、床や壁にダンボールや緩衝材を必ず敷いたり、おいたりする必要があります。とはいえ、万が一にもトラブルが発生しないとはいいきれません。もし仮に業者により傷付けられた時は、必ず写真を撮って業者の保証で修繕させましょう。付けた人が誰なのかを明確にして置くことで、無事に敷金から支払われるようになります。引越し開始前に部屋の部分の写真撮影を行い、傷の有無について事前に大屋さん立会いなども踏まえて、荷物を出すときについたのか、もともとなのかを明確にしましょう。

大手の引越し業者ならば、前もってトラブル対策を徹底しているため、傷対策などについて、すんでいる人と大家さん両方に、家の中の傷についてのチェックをするために一緒に着てほしいといってくることが一般的なので、トラブルはどちらかというと少ないのです。とはいえ、問題は一部のあまり名の通っていない業者や、友人などに引越しを手伝ってもらうときです。人によっては、傷や焼け焦げなど隠す場合も少なくありません。そのため引越しの時にはしっかり注意をしておきましょう。

その他の記事

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.