賃貸に引越しする時の手続きとして、引越し業者に手付を支払う必要がある家ですが、必要はありません。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸に引越しするときの手続きで引越し業者に手付

ソフトウェアの開発を依頼するときなど、完成してから代金を一括して支払うこともありますが、開発途中に代金を部分的に支払うこともあります。開発費用が大きいからです。建築業などはそういった支払いがあるのが当たり前になっていることがあります。代金の支払いにおいては、全てが完了してから支払う場合、先に一部を支払う場合などがあります。習慣であったり、決まりなどがあります。それに従って支払うようにするのが良いでしょう。

賃貸に引越をする場合に、手続きとして、引越し業者に支払いをします。引越し費用は場合によっては数十万かかることもあります。引越し業者からすると、当日にキャンセルをされてはたまりません。そのために事前に手付金を要求されることがあります。こちらには応じなければいけないのでしょうか。こういったときに、手付の支払いに応じる必要はないとされています。大手であればそういったことはわかっていますから要求もしてこないでしょう。

契約書にその旨が書いてあるなら、その業者に依頼すること自体を考えたほうが良いかもしれません。支払ったあと、その業者が来ないとなるとこちらが困ることになります。やすさばかりで選ばないようにしなければいけません。

その他の記事

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.