賃貸に引越をする時の手続きとして、前日などに引越し業者に連絡をします。日程の確認などです。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸で引越をする時の手続きで前日などに引越し業者に連絡

大事な取引先と打ち合わせをする時、まずは余裕をもってアポイントを取ります。1週間後などです。相手も準備をしていてくれます。では、その後1週間後にいきなり言ってよいかですが、もしかすると相手が忘れているかもしれません。また、急用が入っているにもかかわらずこちらに連絡してくれていないかもしれません。行ってからそう言われることもあります。無駄足になってしまいますし、お互いにあまりいい気分にはならないと思います。

賃貸において引越をするときには、事前に業者と打ち合わせをします。前日までにどこまでしておいて、当日は何時頃から作業を始めるなどを決めておきます。1箇月ぐらい前から行っていることもあるでしょう。いざ今日が引越になったのに業者が一向に来ません。すると、明日だと思っていたとのことです。よく見ると、契約書は明日に来るようになっていました。こちらの勘違いです。こうなると無駄な1日を過ごさなくてはいけなくなります。

手続きとしては、引越の前日、または2日前ぐらいに再度確認の連絡をしましょう。大手の業者であれば、業者の方から明日伺います、変わったことなどをきいてくることもあります。中小ならこちらから連絡をします。

その他の記事

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.