賃貸から引越す場合の手続きに、敷金の精算があります。すぐには返還されず、後日銀行振込されます。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸から引越する時の手続きで敷金の精算

お金について、借りた方は忘れることがあります。一方、貸している方は、返してもらえるまで一生忘れません。100円でも、貸したのであれば、それが残っています。安易に貸してと言わないほうが良いでしょう。ジュースを飲みたいときはおごって欲しいといったほうが良いかも知れません。賃貸物件を利用するとき、多くの物件においては敷金を最初に支払います。これは保証金と言われることもあります。賃料とは違う性質のものになります。

敷金は、何らかのトラブルがあってい借り主が負担をしなければいけないとき、こちらから差し引かれることがあるものです。賃料の滞納があったり、原状回復の費用が発生する場合になります。これらのことがなければ、きれいにそのまま返却されることになります。地域によっては敷引と呼ばれて、敷金から一定金額が予め差し引かれることがあります。この制度のあるところでは、敷金がまるまま返却されることはありませんから注意します。

敷金の精算については、全額返却される場合でも、引越の日に返却してもらえることは少ないです。原状回復の様子などをチェックした上で、差し引いた上で銀行振込などにより返却されることになります。いつぐらいになるか聞いておきましょう。

その他の記事

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.