賃貸から引越の手続きをする場合においては、借りている鍵を返します。なくした時は交換を自己負担で行います。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸からの引越の手続きでは借りている鍵を返す

ホテルに宿泊するときは、鍵を受け取ります。そしてその鍵を使って自分の部屋に入ります。チェックアウトするときは鍵を返し、精算することになります。ホテルに泊まるのはそれほど長い時間ではないでしょうから、鍵をなくすようなことはないと思います。たまにオートロックなどにおいて、鍵を中に置いたまま外出してしまうことがあります。それは大失態になります。フロントに来てもらって、鍵を開けてもらうようなこともあります。

賃貸物件においても、鍵を大家さんから借りて利用しています。住んでいましたから、かなり長い間借りていたこともあると思います。引越をするときには、終了後に引き渡しと同時に鍵を返すことになります。この時には、スペアキーを作っているのであればそれも返すようにしましょう。鍵の交換については、どのようになっているかは契約書にあると思います。退去時に負担しなければならないとあれば、原状回復で引かれることもあるでしょう。

鍵を紛失してしまっている場合どうするかです。この場合には、鍵の交換の必要がなくても自己負担しなくてはいけないことがあります。そうならないためにも鍵をしっかりと管理して置かなければなりません。感謝を込めて返します。

その他の記事

関連情報

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.