賃貸に引越しをするときに、ブラウン管テレビはリサイクル料が必要です。でも買い取り業者もいます。

賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について
賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について

賃貸に引越しのときブラウン管テレビを処分する手続き

今テレビといいますと、液晶テレビが主流になっています。薄型テレビとも祝えています。以前はブラウン管テレビと言われ、非常に奥行きがあるタイプでした。今はもう見かけることはありません。テレビ放送に関しては、今は地上デジタル放送になっています。以前行われていた地上アナログ放送とはチューナーの互換性がないため、古いブラウン管テレビでは直接デジタル放送が見られませんでした。別途チューナーを購入して見られる方法はあります。

ですから、まだブラウン管テレビを利用している人はいるはずです。賃貸に引越しするにあたって、ブラウン管テレビを処分したい時があります。通常ですと、家電リサイクル法により、リサイクル料金を支払ってメーカーに引き取ってもらうことになります。でも、まだまだ使えそうなテレビです。なんと、ブラウン管テレビを買い取ってくれる業者があると言われています。買ってどうするのかですが、東南アジアなどに売却するのだそうです。

買取業者まで持っていけば、買取代金をもらうことができるかもしれません。費用がかかるよりも、少しでもお金がもらえるならこちらのほうが良いでしょう。日本の製品は非常に人気なので、メーカーによって買い取り価格も変わるそうです。

その他の記事

関連情報

Copyright 2018 賃貸マンション引越し手続きの際に注意しておきたい事について All Rights Reserved.